赤ちゃんとの生活

b0257387_8583552.jpg

七北田公園の体育館。
ここでクラスをやっています。
画像を小さくしたいのだけど、まだよくわからなくて(汗。)
携帯からの撮影だと、暗くなってしまいますね。。。



おはようございます。


朝は涼しくて過ごしやすいですね。


でも、今日も暑くなりそうです。


仙台は、26℃まであがるみたいです。



熱中症には充分お気をつけ下さいね。





さて、昨日はバランスボールのクラスでした。



3連休明けということで、みなさん、



孫をみせに、だんなさんの実家へ行かれた方が多かったです。



おじいちゃんの顔をみると、泣かれてしまい、


おじいちゃん、構いたくても構えない。。。


でも、最後は、笑ってくれました。。。と。


ありますよね、とくに女の子。



なんでかな。







赤ちゃんがいる生活。


かわいくて、いとおしい。


でも、想像以上に孤独で



大変だということを、自分が出産するまで知りませんでした。



私は、転勤族の旦那さんの赴任先で出産しました。



小さな命がゆだねられていることに押し潰されそうになる日々。




そんなとき、当時5ヶ月の娘を連れて、



バランスボールのクラスに参加したのがきっかけで、



インストラクターになろうと思ったのでした。



赤ちゃんを連れて出かける場所があり、


そこに行くと、同じ仲間がいて、なんだかほっとする。



そして、身体を動かすことで、生活リズムが整う。



赤ちゃんが疲れて、夜、良く寝てくれる。


バランスボールに、とっても助けられたのでした。




また、妊娠中からバランスボールで身体を動かすと、



心肺機能があがるだけでなく、



股関節がしなやかになります。



骨盤は恥骨、仙骨、などいろんな骨の集合体なので、


骨盤を支える筋肉を柔らかくしておくと、お産がとてもスムーズになります。


膝や腰に負担をかけずに、筋肉に負荷をかけるので、


お腹が大きくなっても、臨月までしっかり弾めます☆



ちいさな命を見守るお手伝いができて、とても幸せです。






[PR]
by sprout_green | 2012-07-18 08:58 | *バランスボール