フランスからのメッセージ

b0257387_1815591.jpg




『ペリネのケアは女性の美と健康の土台』というメッセージを
日本の皆さんにぜひ伝えて下さいね。
中本さんの地道な活動に大いに期待しています。


シャラン山内由起



バランスボールを仙台で始めてまもなく、とも子さんから、
シャラン山内さんのことを教えてもらいました。


助産師であり翻訳家でもある山内さんはパリ在住で、
ペリネケア(骨盤底筋)の土台であるガスケ医師の理論を実践している方でもあります。


私は、ペリネを守ることの重要さをシャランさんの本を通して知ったのでした。
もちろん、今までもたくさん勉強してきたつもりでしたが、まさに目からウロコ。

シャランさんが定期的に開催しているフランスでのセミナーに
いつか参加したいと思っていることや、
今の自分の活動をメールしたところ、上記のようなメッセージを頂きました。


10月28日にパリで行われた、ぺリネケアセミナーの様子です。
15名の方が、遠い日本から参加され、受講した感想がかかれています。
今すぐにはいけない私は、まずは、本で勉強します。



先日発売になったばかりのシャランさんが翻訳した新刊が届き、
今、夢中で読んでいるところです。


バランスボールのクラスでは、エクササイズと同時に『呼吸』の大切さをお伝えしていますが、
まさにシャランさんの本には、呼吸にともなう横隔膜の動き、
メカニズムから、丁寧に説明されています。
横隔膜は、内臓を支えるテントの役割なんですね。


妊娠すると、大きくなる赤ちゃんを支えるために、
内臓はありとあらゆるスペースを求めて下に下がる。。。


そして、一番下の部分にあるのが、ペリネ、骨盤底筋ですから、
この部分にどんな圧がかかるのか、想像しただけでも大変なことが起きています。


出産したと同時に、尿もれが説明もなく起こる私たち女性には、
もっとたくさんのことを前もって知っておく必要があると、強く感じました。


いろんな可能性を感じながら、分厚い新刊を読んでいます。
写真入りで分かりやすいし、実践に役立てたいと思います。


具体的な対策方法もかかれていて、
知れば知るほどたくさんの人にお伝え出来るといいなと思います。

それにしても、ガスケ医師とシャランさんが
現場の女性たちにどれだけの愛を持って接してきたか、がよく分かり、
感動します、素晴らしい本です。


私もそんな風に、相手に寄り添えるケアができたらいいな。

まずはがんばって読み込みます☆
[PR]
by sprout_green | 2012-10-31 18:15