福の神さま

b0257387_8131182.jpg



長野に住む、お友達の妹さんから送られてきたお菓子の詰めあわせ☆
Mちゃん、ありがとうございます。
美味しく頂きました☆




おはようございます。


きのうは、朝からとても寒い一日でしたね。
まさに三寒四温。。。ゆっくりゆっくり春に向かっていくといった感じです。



週末は、娘がもらってきたバレンタインのチョコや、頂きもののお菓子でほっこり
家族でお茶を愉しみました。
写真のお菓子は、長野県の駒ヶ根市というところに住んでいる
お友達の妹さんからのもの。
そして、昨年の夏に赤ちゃんを出産した新米ママさん。



お正月の帰省の際に出産祝い&バランスボールのレッスンをプレゼント
させてもらったのですが、そのお返しにと送ってきてくれました。
駒ヶ根という場所は、私が生まれた地域よりもさらに名古屋よりで、
クルマでも2時間近くかかるので、あまりいったことのない地域。
諏訪盆地から、山を越えていくといった感じかな。



食べ物がおいしい地域でもあります。
名古屋の文化の影響もあるような。。。
頂いた焼き菓子は、ふるさとの味、なんだか懐かしい、優しい味でした。


今年は、4年ぶりに諏訪湖の御神渡りが観られたそうです。
諏訪湖は、長野県の諏訪地方の中央にあるあるそれほど大きくない湖。
北、南アルプス、八ヶ岳、富士山が一遍に見えることでも有名な場所でもあります。

諏訪湖が全面結氷してぐっと冷え込むと、湖の表面が盛り上がりその裂け目が、
一直線に岸から岸へわたる様子を、神様が通る道とされていて、
昔から御神渡りが観られる年は、吉兆で豊作、良い年になるといわれています。



母が小さかったころは、諏訪湖でスケートができたそう。
そんなに冷え込みが厳しくない近年は、全面結氷自体が珍しいそう。
神様が通る道とは、
諏訪大社の男の神様(上社)が、女の神様(下社)へ通う道とされています。
なんだかロマンチックですよね~☆


神主さんが集まり、湖の岸で、この御神渡りに祝詞をあげてお祝いします。
御神渡りは、何回かみたことがありますが、とても神々しいのです。
2013年、良い年になりますように。。。



そうそう、
良いことといえば、先日娘が髪をカットしに行った時のこと。
ずっと担当してくれているお姉さんが、『いつ来るかな、と思って待っていたの~。』
といって、娘に可愛い袋を手渡してくれました。


娘とお姉さんは、こびとずかんのファンで(知ってますか^^;)、その話が盛り上がり、
『お姉さんに見せる。』
といっては、新しく手に入れたフィギュアをもっていくんです。
前回行ったときに、『たからこがね』の磁石シールをお姉さんにあげていたのですが、
それを冷蔵庫に貼っていたら、いいことがたくさんあったの^^
と、お姉さん。
嬉しくて、プレゼントを用意してくれていたそう。
それを聞いた娘も嬉しそうでした。
たからこがねが幸運を運んできてくれたのかな?



どんないいことがあったんでしょう☆
今度ゆっくり聞いてみよう。

たからこがね、福の神かも知れません。


良いことって、なんだか続きますよね。
人から人に伝わって、幸せな気分にしてくれる素晴らしい現象だと思います。
良いことは、人に話すと伝わっていくのですよ~☆
[PR]
by sprout_green | 2013-02-18 08:13