子育てを孤育てにしないために


こんにちは~☆

ついに東北地方も梅雨入りしましたね。

仙台も、いよいよ梅雨の季節に突入です。
お天気悪いと、洗濯物も乾かないし、外へ出るのも大変ですよね。
とくにちいさいおこさまがいるとなおさらです。



あかちゃんはかわいいけれど、一日中、家にこもってしまうと
煮詰まってしまうし、あかちゃんは寝ないし、ママは不機嫌になるわで
いいことがないので、そんなときはBボールしにきてくださいね。



今日、初めて七北田公園クラスへきてくれた方は、この春、
転勤で仙台にやってきたそうです。
なかなか外へ出る機会がないときに、このクラスを見つけてくれ、
初めて参加して、とてもすっきりしたという感想をもらいました。

こちらこそ、見つけてくれて、ありがとうございます。


うまれたてのあかちゃんがいると、新生児訪問などが受けられるので、
それでも行政の目が行き届く時期だからまだ、救われるのですが、
それを過ぎたあたりの3か月~7か月あたりの時期が
いちばんフォローが必要な時期だと感じています。


ママは、孤独なんですよね。

もちろん、友達がいないわけではないし、だんなさんも
夜になると帰ってくるし、ご両親や義理のお母さんたちだって
離れていたり、近くにいたりする。


でも、不安なんですよ。

こんなにちいさな存在の命を、自分一人で守っていかなくちゃならないという
責務におしつぶされそうになるんです。
結婚、出産という生活スタイルの変化もあって、
今までとは違ったスペースに放り出されてしまう感じ。。。


転勤なんかあると、なおさらです。
まわりに、お友達もいないし、慣れない場所での
子育てって、ほんとうに不安だとおもいます。


ママサークルに入ったりするのも1つの方法ですが、
それはそれで、敷居が高かったりするので、お金はかかってしまうけれど、
ランダムに参加できて、なおかつカラダを動かす場所があると、
身もココロも、スッキリするんですよね。


私も、ちょうど10年前、この梅雨の時期に赤ちゃんを連れて、
Bボールのクラスへ通ってました。
ベビーマッサージへ行こうと思っていたら、
こっちのほうが合ってるんじゃない?
と、教室を紹介されたのがきっかけでした。


教室へ行くと、ちょうど同じ月齢の赤ちゃんを連れたママがいて、
すぐに仲良くなり、教室のあとはランチして帰ったり
そのママから、いろんな情報をもらって、いっきに世界が広がったのを
覚えています。

そのときの開放感といったら!!


カラダが快適なると、ココロもちゃんと元気になるんですね。
不思議でした。すごく良く眠れるし、ちいさなこととか気にならなくなりました。

今思えば、あかちゃんがちいさいと、どうしても夜中に授乳したりと
慢性的な睡眠不足と疲労が溜まった状態なんですね。
自律神経がみだれているので、興奮ばかりして、眠れないという
悪循環に。。。


産後うつのひきがねになる、この時期は、なるべくひとりの時間を作らない
作らせないという工夫が必要だとおもいます。

Bボールで弾むと催眠作用で眠くなりますから、
そして、有酸素運動も、自律神経を整えるので、産後のママにとって
たくさんのメリットがありますし、あかちゃんもBボールで弾んでいると
寝てしまうんですよ。


ひとりで、家にこもりがちな時期にこそ、ちょっと頑張って
出てきて欲しいとおもいます。




『この子の存在を知ってくれてる人がいる。』

それだけでも、ママは健やかに暮らせるんだとおもいます^^





b0257387_150351.jpg

始終、ごきげんでした☆



b0257387_150385.jpg

コロコロと遊んでくれているうちに、ママはしっかり弾みます☆
[PR]
by sprout_green | 2013-06-18 15:00 | *バランスボール | Comments(0)