「ほっ」と。キャンペーン

学ぶということ

b0257387_13551914.jpg

b0257387_13551960.jpg

b0257387_13551949.jpg

たいはっくるクラスにて。

寝てくれている間に、ママはしっかり弾みました☆


ハロウィンだったこの日。
手作りのかぼちゃスイーツを頂きました
あっこちゃん ありがとう




こんにちは〜☆

東京も、すっかり朝晩寒くなり、いよいよブーツを出しました。

一週間いろんなことがあって、レポートしたいこともたくさんありましたが、なんだか最近眠くて布団から出られず早起きできない毎日です。


先週の金曜日は、10月最後のたいはっくるクラスでした。

仙台へ行くというよりは、ふるさとに帰るような心境になり、帰りは仙台駅から新幹線に乗るはずなのに、多賀城行きの仙石線が無性に懐かしくなって、しばらくいろんなことを想い出していました。


今、仙台では、わこねっこのメンバーが養成講座と研修を終えて、巣立ちの時期を迎えています。

ひとりひとりの個性を生かしたクラスが、仙台で広がって行き、ゆくゆくは、このバランスボールや産後ケアが、行政からのバックアップを得て

お母さんたちが、子育て支援券で受けられることを、一つの大きな目標にしています。

公平に産後ケアが受けられる。

日々子育てに奮闘して憔悴しきっている母親たちの現状と、
子育てに必要な居場所創りの必要性を
仙石でのデータを元に作ること。

今の私の大きなテーマです。

すでに、東京の杉並区では数年前からこの制度が確立していました。
やはり、時代の流れと共に、助成開始当時とは内容や金額が変わっているそう。


それでも、このような制度を仙台で実現できたら本当に嬉しいことです。


春までは、毎日いろんな場所へバランスボールを担いで出稼ぎしていましたが、ここにきて、


仕組みづくりということがテーマになり、今までとは違う頭の使い方が必要になっています。


実績のないものを創り出すやりがいを感じつつ、その難しさも感じています。

わこねっこのメンバーも、
小さいお子様を育てながらがんはっていて、成長著しい彼女たちから

私も勇気をもらっています。

こうやって、学びは、一生続くのですね。

がんはらなくちゃ。

想いが届きますように。
[PR]
by sprout_green | 2014-11-08 13:55 | Comments(0)