2012年 12月 05日 ( 1 )

b0257387_23323990.jpg

レッスン終了。お疲れさまでした☆




昨日の七北田公園クラスに続き、
たいはっくるクラスでした。


まんまはうすとのコラボで太白区でもバランスボールが始まりました。
この施設は地下鉄長町駅と直結しているので、とても便利。
会場のリハーサル室は、ごらんのとおり、鏡が一面についていて広いです。
とても使いやすくて気に入りました。

トイレと更衣室もついています。

バランスボールは初めて。という方がほとんどでしたが、みなさん
愉しんでもらえたでしょうか。

たぶん、明日あたり、筋肉痛になるかもしれませんがココチ良い疲労感は
子育て中のママにとって、実はとても必要。
赤ちゃんをお世話しているときの疲れとは、まったく質の違ったものなのです。

夜は、きっと、良く眠れたのでは。。。
また、感想を聞かせてくださいね。





午後は、ともこ助産院の忘年会へ!




場所は中華屋食堂という、ボリュームたっぷりのお店。
呼んで頂きありがとうございます。お腹いっぱい食べました^^
ともこ助産院にかかわる方が総勢20数名。豪華なお顔ぶれでした。
私の目の前に座られた、ひときわエレガントな女性。

なんと、ヨガ講師の佐藤先生でした。
今まで、なかなかお会いできなかったのですが、本当に素敵な方でした。
バランスボールの勉強もされたことがあるそうで、いろんな知識をお持ちで、
聴きたいことがたくさん。。。
時間が惜しい。。これから、おこさまの面談だそうで一足早くお帰りに。


興味をもったのは、
骨端軟骨に振動を与えることで、軟骨が再生するというお話。

どういうことかというと、
股関節は、大腿骨と、それを受け止めるお皿で構成されているのですが、
その受け止める側のお皿が、先天的に浅く、股関節の亜脱臼、もしくは
脱臼を起こしてしまうケースの場合、


人工関節をはめる手術をしなくちゃならない。。。のですが、
なんと、貧乏ゆすりを続けていたら軟骨が再生してきて手術しないでよくなったという方が
お知り合いにいるそうです。
貧乏ゆすり、実は体に良いんだそうです。そうだよね。振動ですものね^^


実は、私のインド舞踊の先生が、まさに、その先天的にお皿が浅いタイプの方で
それを知らないまま踊り続けていたある日、激痛で歩けなくなってしまったのです。
でも、先生は今、歩けるようになり、以前のような激しいステップを踏むことはできませんが
椅子に座り、上半身で表現する踊りを踊っています。


先生は、やはり手術をすることはせず、フェルデンクライスやヨガを取り入れて
なんと、やはり同じように軟骨を再生させてしまいました。
人は、それを奇跡と呼ぶかもしれませんが、人のからだの神秘には、
きっと際限がないのだと、私はおもいます。



そして、身体に振動を与えることが、組織の活性化を促すことも
最近のデータでわかってきました。
バイブレーション療法というものも最近出てきましたね。

バランスボールでも、ゆらゆらとカラダをバウンドさせながら振動を与えていきます。
弾むということは、免疫を上げる効果もありますし、内側から温める
ことができるので、いろんな意味で必要な方に届くといいなと。
今後の需要に耳を傾けていきたいと思います。


インド舞踊の先生が最近、ブログで自分の踊れていたころの動画をアップしています。
ユーチューブで見れます。私は、これをみると泣きそうになるのですが、
ほんとうに強い方だなと思います。


こういう方が師匠であることが誇りです。
私はまだまだ踊れませんが、いつか先生達を仙台に呼びたいなあ。



話がそれまくりましたが^^
今日の忘年会でまた新しい世界を発見できました。
日々勉強です。

今は、思考錯誤の繰り返しですが、出逢った方たちの言葉やヒントをもとに
来年はそれを少しずつ形にできたらと思います。
[PR]
by sprout_green | 2012-12-05 23:32 | *バランスボール