2014年 04月 12日 ( 1 )

東京に向かいます


おはようございます(*´∀`*)ノ


昨日は、たいはっくるクラス最後&ランチ会でした。

ランチ会だけ参加します〜と、駆けつけて下さる方もいたり、馴らし保育中ということで、単身で来てくださったりと、にぎやかでした。

4月は、ちょうど一年前に仙台市体育館のクラスが始まったこともあって、そのあとも引き続き、たいはっくるまで脚を運んでくださったママ達。


あの時に始めてレッスンでお逢いした赤ちゃんも、すっかり成長した姿でつかまり立ちしたり、もう歩いていたり、なんだか孫をみるような気持ちでした。


最近になって、まんまはうすさん経由で見つけて来られているママ達には、中途半端でクラスを閉めてしまうことに後ろ髪を引かれる思いですが、


新たなステージでもがんばりますので、待っていて下さいね。


家に帰ったら、引っ越し業者のトラックが撤収した後で、旦那さんが猛然と掃除機をかけていました(^◇^;)


今回、あまりに急な異動で、旦那さんは仕事の引き継がまだ終わらないので4月末までは、ひとり暮らし。
ちょっと寂しいですね。



がら〜んとした部屋を見回しながら、ちょうど五年前の春に越して来たことを懐かしく思いだしていました。



ちょうど一年生になった娘と共に、わたしもこの場所で、いろいろな経験をさせてもらったな〜と。


窓からは咲き始めたばかりのムスカリとスイセンの、鮮やかな色彩のコントラストが、胸に熱く響いて来ました。

ああ、わたし、もうこの場所に住めないんだな。

そう考えたら、なんだかジーンとして来てこの場所に永遠の忘れ物をしていくような気持ちでした。
私にとって、とても大切で、特別な場所。


ご近所にも恵まれて、娘の学校のお友達、習い事のお友達は一人っ子の娘にとって、姉妹のような関係だったので、引き離してしまうのは、やっぱり可哀想でした。



でも。
きっと、次の場所でも、わたし達がやるべき事があるから、動くと前向きに受け止めています。


夕べは、仙台で過ごす最後の晩ということで秋保温泉に泊まりました。

パパが一番お疲れだったので、ビールを飲んだあと、ソッコー寝てしまいました。


パパが、3日間の東京出張明けの翌日、引っ越しという鬼スケジュール。
私はダンボール詰めもそこそこに、助成金の申請書買いたり、ピアノの発表会と走りまわっていたので、


一番大変だったのはパパです。
いつもいろいろ準備してなくて怒られますが、あなたがいてくれるおかげで、いつも自由に好きなことが出来るんですね。

ありがとう。


こんな私ですが、これからもよろしくお願いします〜。

今、そんな私は新幹線の中です。

13時から、新居の荷物搬入予定です。


それまでに、少し寝ます。

また向こうでの様子を報告しますね


さようなら。
大好きな仙台。
さようなら。
愛しい人たち。

本当に五年間ありがとうございました。
[PR]
by sprout_green | 2014-04-12 10:33