<   2012年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

一途に,一心に



おはようございます。



夕べ、夜中にふと起きてテレビをつけたら、

仕事の流儀プロフェッショナル、という番組がやってて、


ついつい見てしまいました。




神の手と呼ばれる、心臓外科の天野先生。


天皇陛下の手術を執刀した方でした。


日本でおそらく一番難しい心臓の手術を年間400件もこなす、


まさにプロフェッショナルです。


大きな手術が終わったあと、バナナを食べて、15分後には次の手術へ向かっています。






とにかく、目の前の命を救うこと、


ただ生きるだけでなく、出来る限り、


やりたいことができる状態にしてあげたいという思いで、仕事に向かっていて、


胸を打たれました。



決して、エリートではなかった彼の転機、それは父親の死でした。


自分が助手で入った、父親の手術直後、


取り替えた心臓の人口弁が逆流をおこし、


それが原因で亡くなります。




手のひらからこぼれ落ちる、大切な父親の死は、


それからの人生を大きく変えて行きます。



今では、心臓手術の成功率は98%



考えられないくらい高い生存率です。


一途、一心に。


バイパスに使うために取り出した血管を、


極めて細い糸で、丁寧に縫って行きます。


上半身に力が入らないよう、このときは爪先立ちです。


9時間に及ぶ大手術。


平日は病院に泊まり、常に緊急時に備えます。


驚いたのは、こんなに働きどおしなのに、とても若々しいんですよね。


疲れているはずなのに、


目が生き生きしているのが印象的でした。


重圧におしつぶされてしまってもおかしくない状況なのに、


とても軽やかなのは何故だろう。


自分が救った命が、また大きな鼓動とともに、明日へつながっていく、



可能な限り、患者さんを生かし続けたいという思いが、伝わってきて、



暖かい気持ちになりました。




私も、とにかく目の前に起こるすべてを受け入れて、


自分に与えられた役目を全うしよう。


一途に、一心に。




この先、おそらく臨床でナースとして働くことはないと思うけれど、


あの現場の緊迫した緊張感に時々包まれたいと思うことがあります。


なんだろう。


適度な緊張感の中に身をおくことで、見えてくるものがあるから、かな。


少し整理して、考えたいと思います。
[PR]
by sprout_green | 2012-09-07 10:18 | Comments(0)

骨盤底筋トレーニング

b0257387_9232943.jpg






おはようございます。


ずっと続いた暑さも、一段落したのか、風が気持ち良い朝です。


子どもと旦那さんを送り出して、ほっと一息出来るこの時間は最高ですね。


しかも、今朝は洗濯物も干し終わり、いい感じです。


旦那さんに淹れて持たせたコーヒーの残りに、氷を入れてアイスオレ。


メールチェックしながら頂きました。





慌ただしかった8月が終わり、やっと、お仕事モードにスイッチが入りました。


今週の土曜日は、骨盤底筋セミナーです。


助産師の小山みね子氏の講義のあと、


バランスボールを使った実技を担当します。



次回は、11月10日(土)

アエルの28階です。

興味がある方は、ご連絡下さいね。

みやぎげんき助産師チーム(MlJO)主催で、参加費500円と、お得です。




骨盤底筋、昨日もテレビでやっていましたが、


この部分を鍛えるのは、あまりストイックになりすぎないほうがいいと思います。


テレビでは、スーパーボールをお尻に挟んでましたね。


私も、日頃やっていますが、


●骨盤を立てる
●お尻にえくぼができるように肛門をぎゅっとしめる

これを、例えば、キッチンに立ちながら、人参切る間だけがんばる、とか、


洗濯物干す間だけやる、とか、


ずっとは無理なので、時間決めてやるといいと思います。


実は、私も出産してからくしゃみすると、おしっこが漏れてしまうことがあったのですが、


バランスボール始めてから、すっかりなくなりました。




骨盤底筋はフランス語でペリネといいます。


ペリネは、出産のときに、赤ちゃんの頭が通るために、


亀の子状に伸展するように出来ている、とても柔軟性のある筋層。



なので、出産後は、伸びきったゴムのようになりやすいため、


直後からペリネを意識した生活をしてあげると、ずいぶん違います。



でも、今の日本の制度では、そこまでフォローしてくれないために、


『聞いてないよ。。。』


『知らなかった。。』



と、自分の身体の状態にびっくりしている方が多いんじゃないでしょうか。


でも、日常生活の中で、ペリネを意識してあげると、



自然に筋肉が鍛えられるので、


赤ちゃんと一緒にできるストレッチとか、


抱っこした状態で、骨盤を床に対して90°にしてしゃがむ、


とか、股力(またじから)を意識して生活して欲しいと思います。



昔のしゃがむトイレは、本当はお産も楽になるし、



骨盤底筋を鍛えるためにも、優れものだったんだな〜。と、感じます。



私のおばあちゃんは、 母を産む直前まで田植えをしていたとか。


昔の生活には、


女の人の身体に必要なエクササイズが、


自然に組み込まれていたんだな〜。





さて、


今月末に、


森のおひさま助産院方面で、一回目のバランスボールクラスができそうです。


お近くの方、ぜひぜひ、いらして下さいね。


マタニティーの方、産後の方、産後からしばらくたった方、



とても気持ち良いエクササイズですので、




お友達をお誘いの上



ぜひ参加して下さいね。


今、小野さんと、企画中ですので、詳しいことが決まりましたら、


またお知らせしたいと思います☆



今日も、良い1日になりますように☆

[PR]
by sprout_green | 2012-09-06 09:23 | *バランスボール | Comments(0)

初秋のバランスボール

b0257387_9365452.jpg

b0257387_9365474.jpg

b0257387_9365414.jpg

2ヶ月半のMちゃんと3ヶ月のKちゃん。








おはようございます。



まだまだ暑い日が続いていますが、朝晩の風はずいぶん涼しく、秋らしくなって来ましたね。



七北田公園に入っていくと、黄色くなった落ち葉がちらほら。



暑い暑いと言っても、季節はもう、ゆっくり秋に向かっています。



そういえば、田んぼも黄金色に変わり、美味しそうなお米がたわわに実っていました。





昨日は、9月最初のクラスでした。



2ヶ月半の赤ちゃんを連れて、はじめて参加して下さった方、



やっと産休に入ったからと、前回よりも大きくなったお腹でいらしてくれたり、



太白区でまんまはうすという母乳育児相談室を開きながら、



幅広いサークル活動を展開されている、助産師さんも、いらして下さいました。




9月に入り、



夏の疲れが残っているこの時期、少し息が弾む程度の有酸素運動は、



からだに溜まった毒素を排出してくれる効果があります。



バランスボールで弾むと、眠くなるんですが、



心地よい揺れには、催眠作用があり、



神経をリラックスモードに切り替えてくれるので、



小さな赤ちゃんと過ごすゆっくり休めない時期は、



運動することで


質の良い睡眠が取れます。



妊婦さんにとっても、膝や腰に負担がかからず、



お産に必要な股関節のしなやかさや、体力を身につけることができます。



そんなわけで、



楽しみながら、皆さん、がんばっていました。



8月まで通って下さっていた、妊婦さんたちも、



無事に産まれたとのお知らせがあり、ほっとしています。




バランスボールで弾むと、抱っこされている赤ちゃんはすぐに寝てくれるんですが、



下におろすと、すぐに起きてないちゃうんですよね〜、



という方が沢山います。



赤ちゃんは、



平らなところでは、寝てくれないんですよね。




なので、



最初から、バスタオルか何かでくるんでおき、



からだを固定してあげてから、ゆっくり、できれば、平らな場所ではなく



ソファーの隅とか、


羽毛布団を4つ折りにし、真ん中を窪ませた、まあるいフォルムに、



そっとおいてあげると、安心して寝てくれます。




スリングがある方は


スリングの中で寝てくれたら、




そのままソファーの隅においてあげると、起きずに寝てくれます。



写真のMちゃん、上手く固定して、ゆっくりそっと床に置いてみましたが、大成功でした。




パパがいる週末に、




寝かすときに手伝ってもらうと、いいかも知れません。



からだが開いてしまうと、赤ちゃんはびくっとしてしまうので、



パパの大きい手で支えてもらうとうまく行きますよ。



ぜひ、おためしあれ~☆

[PR]
by sprout_green | 2012-09-05 09:36 | *バランスボール | Comments(0)

インド舞踊発表会

b0257387_11524917.jpg

b0257387_11524940.jpg




おはようございます。


昨日は、インド舞踊の発表会でした。


月に1回しか通えない中、合宿に参加し、皆さんのアドバイスをたくさん頂き、


なんとか初めての発表会に出ることが出来ました。


素晴らしいメンバーの踊りに酔いしれつつ、私も精一杯ステップを踏みました。




前日の練習最後に、



まゆみ先生から、『今、出来ることをやればいいから。』と、云われ



最後の最後まで、


つたない私のステップをみてくれて、


いつも穏やかに見守っていてくれる先生。



私がインド舞踊を習いたいと思ったのは、先生が大好きだからなんです。



本当に感謝しています。





踊る前に、


Sさんが、


奄美のお友達から、お神酒を頂いたから、トトロの木にあげて、


お祈りしよう。


と。素晴らしい提案。





搬入の前に2人で、


大きなトトロの木に手を合わせました。



この木をみて、宮崎駿監督は『となりのトトロ』を作ったという、有名な木です。



マンション建設で、切り倒されるはずだったそうですが、



地元住民の活動で、切り倒されることなく、



今もしっかりと根をおろし、大きな葉を繁らせ、ゆっくりと生き続けています。



私も、もっと練習して上手に踊れるようにがんばります☆

[PR]
by sprout_green | 2012-09-03 11:52 | *おけいこ(watasi) | Comments(0)