「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

b0257387_1815591.jpg




『ペリネのケアは女性の美と健康の土台』というメッセージを
日本の皆さんにぜひ伝えて下さいね。
中本さんの地道な活動に大いに期待しています。


シャラン山内由起



バランスボールを仙台で始めてまもなく、とも子さんから、
シャラン山内さんのことを教えてもらいました。


助産師であり翻訳家でもある山内さんはパリ在住で、
ペリネケア(骨盤底筋)の土台であるガスケ医師の理論を実践している方でもあります。


私は、ペリネを守ることの重要さをシャランさんの本を通して知ったのでした。
もちろん、今までもたくさん勉強してきたつもりでしたが、まさに目からウロコ。

シャランさんが定期的に開催しているフランスでのセミナーに
いつか参加したいと思っていることや、
今の自分の活動をメールしたところ、上記のようなメッセージを頂きました。


10月28日にパリで行われた、ぺリネケアセミナーの様子です。
15名の方が、遠い日本から参加され、受講した感想がかかれています。
今すぐにはいけない私は、まずは、本で勉強します。



先日発売になったばかりのシャランさんが翻訳した新刊が届き、
今、夢中で読んでいるところです。


バランスボールのクラスでは、エクササイズと同時に『呼吸』の大切さをお伝えしていますが、
まさにシャランさんの本には、呼吸にともなう横隔膜の動き、
メカニズムから、丁寧に説明されています。
横隔膜は、内臓を支えるテントの役割なんですね。


妊娠すると、大きくなる赤ちゃんを支えるために、
内臓はありとあらゆるスペースを求めて下に下がる。。。


そして、一番下の部分にあるのが、ペリネ、骨盤底筋ですから、
この部分にどんな圧がかかるのか、想像しただけでも大変なことが起きています。


出産したと同時に、尿もれが説明もなく起こる私たち女性には、
もっとたくさんのことを前もって知っておく必要があると、強く感じました。


いろんな可能性を感じながら、分厚い新刊を読んでいます。
写真入りで分かりやすいし、実践に役立てたいと思います。


具体的な対策方法もかかれていて、
知れば知るほどたくさんの人にお伝え出来るといいなと思います。

それにしても、ガスケ医師とシャランさんが
現場の女性たちにどれだけの愛を持って接してきたか、がよく分かり、
感動します、素晴らしい本です。


私もそんな風に、相手に寄り添えるケアができたらいいな。

まずはがんばって読み込みます☆
[PR]
by sprout_green | 2012-10-31 18:15 | Comments(0)

マドレーヌ

b0257387_341399.jpg


マドレーヌ。




昨日は、近所に住むお友達のママから電話がかかってきて、
2人の姉妹を夕方まで預かることになり、
ちょうど、冷蔵庫で寝かせていたマドレーヌを一緒に焼きました。

ママの急用で、幼稚園から、はやびけしたままうちに連れて来られた、
妹のSちゃんは、ママと離れるのがさみしくなってしまい、泣いてしまったのだけど、
年長さんのころって、こんなに小さくて可愛かったんだね。

でも、すぐにジャッキーの絵本を読み始めてごきげんに。
『お姉ちゃんたちが帰ってくるまでに、マドレーヌを作って待ってようね。』
良かった~。笑ってくれた^^


ごらんのとおり、空気が入ってしまいましたが、子どもたちには好評。
学校から帰ってきた娘とお姉ちゃんも、おいしい☆と言って食べてくれました。
この日も『今日の料理』でやっていたレシピでざっくり作ったのだけど、
生地が少し固かったのはご愛嬌ということで。。。


お姉ちゃんたちを習い事へ送り、帰ってきたらみんなで食べようと
カレーも作ってましたが、ママのお迎えが意外と早くてご飯までは
一緒に食べられず、娘はちょっとがっかり。。。
平日は、パパの帰りも遅くて、2人だけの夕食だから、たまにお友達が
遊びに来てくれるととても嬉しいのです。




CUOCAで買った、シェル型が役にたっています。
そういえば、仙台に富澤商店ができたのですね~。お菓子やパンの材料は、
いつもCUOCAでまとめ買いしていたのだけど、やっぱり店頭で買うのって楽しい^^
先週、北海道のお友達と仙台でご飯を食べた際に立ち寄った、
富沢商店で買ったドライマンゴー1キロは、もうほとんど娘と私で食べ尽くしました。

砂糖だけのドライマンゴー、今までは無印とCUOCAで買ってましたが、
冨澤商店のも、おいしい。
100gパックで買っても、すぐに終わってしまうので、1キロ売りはありがたいです。
さすがに、お友達は『え?それを買うの??』と、びっくりしてました。。。
[PR]
by sprout_green | 2012-10-28 03:41 | *お友達 | Comments(0)

ラーメン

b0257387_853467.jpg

塩豚ラーメン。
b0257387_853468.jpg

煮こみ終わった豚肉。




今朝も白鳥が8時ちょっと前に加瀬沼へ飛んで行きました。

寒くなるこの時期、ときどき食べたくなるのがラーメン。
夕べはシチューではなく、塩豚ラーメンを作ってみました^^

この間、たまたまみていたNHK『今日のお料理』に、
料理研究家の島田まきさんとご主人が出ていて、とってもおいしそうに
このラーメンを作っていたので、近いうちに作ろうと、豚肉を買っていたのでした。
3人のお子さまも一緒に出られていて、その3男くんがと~っても^^かわいかった。
おいしい、おいしい、を連発しながら食べてました。見事な食べっぷり。



さてさて、うろおぼえながら、なんとか完成し、家族にも好評。
しかも、けっこう簡単。そこが嬉しいですね。

塩コショウした豚肉に、利尻昆布をはりつけて、3~4時間ねかせ、
そのあとは、お鍋にお水を入れて、昆布と一緒に2時間ほど煮たらできあがり。
このときの煮汁が、スープになります。
スープは、そのままでもけっこうしっかり味が出てるので、
お塩は好みで足すくらいがいいかな。
だんなさんに、スープがしょっぱいといわれました。

私と娘は生麺。パパ用はお鍋用の煮こみラーメン。
写真は、生麺で太目だけど、細麺のほうが合うかも。。。



なんといっても、自家製なので、スープがくどくなく、さらっとしていて
ほんとにおいしいです。これは、しばらくリクエストされるメニューだな。
これを読んでくれているお友達、遊びに来たとき、食べれるかも☆
[PR]
by sprout_green | 2012-10-26 08:05 | Comments(0)

ゴーイングマイホーム

おはようございます☆
今日も気持ちのいい朝。そして、きのう、今年初めての白鳥の声を聴きました。
近くにある加瀬沼公園に向かって飛んでいくみたい。
夜は、なんとかっていう場所、聞いたけど忘れてしまった。。。で過ごすようで、
夕方は、また、列をなして帰っていく姿がみられます。
白鳥さん、けっこう大きな独特の声で鳴くんですよね。東北の冬、到来の合図。




最近始まったドラマ、ゴーイングマイホームがおもしろい。
秋の夜長の愉しみのひとつ、撮りためておいたドラマや映画を観ながら
ゆっくりお茶を飲む時間は至福のとき。
娘がうまれたころは、とてもじゃないけどドラマなんて観ている時間はなかったし、
きっと、赤ちゃんとの生活が始まったばかりの新米ママは、いったいいつになったら
自分の時間が持てるのだろう。。。と、思っている方が多いとおもう。

我が家も、もともと帰宅の遅いだんなさんは、出産後、何故かさらに遅くなり
里帰りもしなかったので、産後がこんなにつらいなんて聞いてないよ。。。と、
赤ちゃんの顔をみるたび、かわいいのに、泣きたくなっていたなぁ。


社会にでて、人に感謝される仕事に就き、そこそこ結果というものを残してきた
私にとって、いきなり始まるあかちゃんとの生活は、
ほんとうの意味での、人としてのありかたを、赤ちゃんを通して試された感じだった。
自分と向き合う作業のようで、しんどかったし、いろんな意味でいつもドキドキしていた。


少し、楽になったのは2か月くらいのとき。
産後はじめてサンマルクへ行き、もちろん旦那さんも一緒だったけど
けっこう寝てくれているおかげで思った以上にしっかり食べれて、
ゆっくりできたのをきっかけに、週末は娘を連れておでかけするようになった。
あかちゃんは、外に連れ出したほうが、良く寝てくれる。


それから、検診で一緒になったママと仲良くなり、お互いの家に行き来するようになったり、
赤ちゃんを連れて、イオンのフードコートでご飯を食べたり、スタバでお茶したり、
そんな風に、少しづつ自分が楽しめる時間を持つことで、だんなさんに依存しなくても
気ままに過ごせるようになって、気がついたらだいぶ楽になっていました。


もし、今、まさにどっぷりと、つらい気持ちで赤ちゃんと生活している人がいるなら、
手を抜ける部分があったら、どんどん抜いてほしいとおもう。
ご飯は毎日作らなくていいし、お惣菜を買ったり、だんなさんにお弁当を買ってきてもらったりしてもいい。
すべてを完璧にこなす必要は、まったくないし、
むしろ、できないことを受け入れる勇気を持ってほしいとおもう。


そして、この状況はずっとは続かないのだ。
赤ちゃんも成長するし、自分も確実に成長している。
昔は、ママと赤ちゃんを見守ってくれている目がたくさんあって、近所のおばちゃんだったり
同居しているひいおばあちゃんだったりと、
赤ちゃんはみんなで育てていった時代だったけど今は、『孤育て』と言われて久しい時代。


そんな時代の子育てはとっても大変だけど、
工夫しだいでなんとかなるし、24時間ママをする必要はなくて、
たとえば、赤ちゃんをパパに預けて20分だけコンビニへ行くとか、
漫画を読むとかお風呂に一人で入るとか、私を取り戻す時間ができると
気持ちにも、ゆとりがうまれる。
そうやって、自分にもごほうびをあげながら、気長に、ゆるりとやってほしい。
ゆとりができると、あかちゃんにも伝わって、より、かわいくなります^^。



話は戻りまして、ゴーイングマイホーム。
山口智子さんが、ロングバケーション以来の出演で話題ですが、
(ロンバケ見てないのだけど^^;)、山口智子さんは、売れっ子フードスタイリスト役で、
お料理を作るシーンが良く出てきます。
見ているだけで、おいしそう。4年生の女の子のお母さんでもあり、パパである
企画部長だけど、ちょっと窓際になりかけの阿部寛と、いい雰囲気の夫婦です。

淡々と、映画のような作品に仕上がっていて、そして、私の地元で撮影されたらしく、
ここ、知ってる~。あの駅だよね、とか、あずさからの風景で場所がわかったりと、
そういう意味でも観ていて楽しいのです。

YOUさんの、演技なのか地なのかそのままの役で、阿部寛のお姉さんを演じてますが
、ほかにも阿部サダヲ、夏八木勲、宮崎あおいさんなど、豪華なキャスト。
どんなストーリーなのか、まだわからないけれど、これをみると、不思議と家族にやさしくなれます。
これこそが、このドラマの狙いかな。
今夜は暖かいシチューでも、作ろう。
[PR]
by sprout_green | 2012-10-25 10:58 | Comments(0)

北海道からのお友達

b0257387_13435817.jpg

青葉城跡にある、護国神社。
b0257387_1343588.jpg

逆光&携帯撮影でごめんなさい。

b0257387_13435847.jpg

アフタヌーンティーで。
b0257387_13435835.jpg

Kちゃんからのお土産。



札幌から、看護学校時代のお友達が遊びに来ていました。
彼女が仙台に来るのは、3回目。
とっても仙台を気にいってくれて、休みが取れそうになると、
連絡をくれて私も一緒に楽しんじゃってます。

今回も、るーぷるバスに乗りたいという彼女の希望で、まずは朝1の飛行機で仙台に到着した彼女と合流。
10時ちょうどに仙台駅で会うことができました。
るーぷるバスのチケット売り場には結構人が並んでいて、日曜日ということもあり、バスも混んでましたが、
こうやってお友達でも来ない限り、ちゃんとした観光しないからワクワク☆

るーぷるバス、車掌さんのトークが面白いんですよ。運転しながらよくしゃべれるな〜。
それと、やはり伊達政宗公なくして仙台は語れないということか良く分かり、大河ドラマを義経あたりから欠かさず見ている私(歴女^^)としても興味深い話が満載でした。

そういえば、確か小学生のころ、『独眼竜正宗』やってたな。
今、みたいよね、と、友人。渡辺謙さんはあの大河でブレイクしたのではなかったかしら。。。

もしかしたら、家康に代わって天下を取れたかも知れない政宗。
あの、家康公から一番恐れられていたというから逸材だったんですね。
お城をあえて造らずに天守閣も家康に忠義心を表すために、なかったというからすごい。
今の仙台の繁栄は政宗公あってのものなんだな〜。



2人で青葉城跡で降りて、資料展示館をみたあと、護国神社でお詣りしました。
そしたら、あの伊達武将隊(→知ってます?)が、歩いてくるではありませんか。
前回も、この場所で遭遇していて、わざわざ札幌から遊びに来た友人も、びっくり。
『こんにちは!』と、すがすがしく挨拶してくれました。

ついてるな~。
追っかけらしい女の子、数人。きちんと着物をきていましたね。
Kちゃんと、一緒に行動するとラッキーなことが多いんですよね。



それにしても、震災後の仙台は復興が進んでいて、観光客もたくさん来ているようだし、
表向きは、とても潤っている感じがします。
ホテルも飛行機も満室で、旅行会社の人に『仙台で、何かあるんですか!?』と聞かれたそう。
??何かあったのかな??


青葉城跡を、後にしてお昼ご飯を仙台市内で食べるために、また、るーぷるバスに乗車。
バスを待っているいる間に、Kちゃんからスマホをかりて、お店を検索。
うーん。。。私もそろそろスマホにしようかなと思ってましたが、
こりゃ、慣れるまで、時間かかりそうだな~。タッチパネルの操作に悪戦苦闘。


仙台牛が食べたい、というリクエストにお応えして、探したお店、『花牛』に決まり。
予約の電話を入れると、なんと、すでに予約でランチは満席。。。
ランチコースで、3000円代というお値段にも惹かれましたが、残念でした。
あの、新しくできたウェスティンホテルの中に入っているのか、近いのか、場所も良さそうだったので
次回ということで、気を取り直して、仙台駅周辺を検索。

お腹も空いてきたし、近いしということで
結局、エスパルの中の伊勢屋というお店で、ランチステーキをいただきました。
お肉が柔らかくておいしかった。。。





私は、すっかり看護師の道から遠ざかっていますが、
Kちゃんは現役の看護師&独身。
気力、体力のいる現場でがんばっている様子を聴くにつけ、
大変だけど、よくがんばっているなと、感心しながらも、自分が今やっているお仕事も
起動に乗ってきて、とてもやりがいがあると報告。

道はそれぞれだけど、地道に続けることが一番大切で、
人にどんな評価をされても、信じたものを貫く勇気が必要。。。と、再認識しました。
組織で働くことの大変さも知りつつ、現在に至っている私。
いつ、どんなときでも、気持ちがぶれないことこそが、長く続けられる秘訣とおもうのです。


ランチのあとは、Kちゃん恒例のお土産選び。
彼女は、毎回職場に大量のお土産を購入して、みんなに喜んでもらえるのが幸せと、
びっくりするほどのお土産を買いこみます。
ほんとうに、上からも下からも慕われる、愛されキャラ。
学生時代から変わっていません。

職場のみんなが大好きという、萩の月を40個お買い上げ。
あとは、柿ピー(牡蠣味)とか、かもめのたまごとか。^^
すごいことになったので、チェックインしがてら、荷物をホテルへ。


毎回、遊びに来てくれるのに、いつもホテルに泊まるんだよね。
うちに、泊まればいいのに。
でも、ホテルに泊まるのが好きみたいで、ゆっくり気兼ねなくできるのがいいんだそう。
このホテルは、大浴場があるから気に入ってるそうで、2回目の宿泊。


せっかく札幌から遊びに来たのに、1泊で帰ってしまうのはもったいないなぁ。
でも、『飛行機で1時間ちょっとだし、近いからまた来るよ。』
なにもかも、Kちゃんらしくて、笑ってしまった。
私も一緒にお泊りして、いっぱい話がしたかったなぁ。

ちょっと早いけど、夕飯を食べて、さよならをした。
今朝、4時起きだったそうで、眠そうなKちゃんと、これまたエスパルの
アフタヌーンティーで、早めの夕食。
福山雅治が好きで、『ミルクティー』が好きになったというKちゃんは、
トマトとなすのパスタを頼み、私はスープとサラダを頼んだ。


学生時代、勉強、レポート、国家試験と大変だったはずなのに、
なぜか、楽しかった事しか覚えていなくて、Kちゃんと懐かしい話で盛り上がれば
あがるほど、お別れの時がさみしくなる。
でも、家には家族が待っている。

Kちゃんの後ろ姿を見送りながら、早く結婚してほしいな。とおもった。
[PR]
by sprout_green | 2012-10-24 13:43 | *お友達 | Comments(0)

LUPICA 夢メッセ

b0257387_0934100.jpg

b0257387_093468.jpg




週末は、子どもの学芸会のあと、LUPICIAのイベントに行ったり、
札幌からお友達が遊びに来たりと、てんこ盛りでした。


まずは、夢メッセで行われたLUPICIAのイベント。
お友達が教えてくれて、家族で行ってきたのですが、たくさんの人でとても賑わっていました。
夢メッセまでは、家から車で10分。すぐに到着。
招待カードがなかったので、当日受付を済ませて、会場に。
会場へ入るときに、可愛い紅茶クリップと、クッキーをプレゼントしてもらいました。

中に入ると、中央に紅茶、ハーブティー、日本茶、と、取り扱っているお茶の試飲コーナー。
とにかくたくさんあって、迷う^^;
私はノンカフェインのお茶が好きなので、そのコーナーへ。
娘は、片端から、すべて試飲してました。
そして、『これがいい。。。』と、持ってきたのが、アフタヌーンティーと、
ダルジャン ソバージュという、ルイボスティーマンゴーとシトラスで香つけしてあるお茶。
うーん。さすがシブいですねぇ。

紅茶は、飲みやすいスタンダードなアフタヌーンを選ぶとしても、ジャルダンソバージュは
けっこう玄人?!好みだと思うんですがね。
まあ、親子でマンゴー好きだから、いっか。私も好きな味ということで、お買い上げ。
100円で一個スタンプをついてくれます。
スタンプラリーって楽しい^^


スイーツや軽食もあって、ついつい甘いものに吸い寄せられる母子。
モンブラン、おいしかったです。パパはかぼちゃのモンブラン。
おみやげにマカロンと、紅茶のサーバーも買ってしまいました。

いまや、草食系男子ということばが定着しているけれど、
私たちの前に、3人で並んでいた男の子たちがまさにそう呼ばれるタイプなんだろうな。
家族連れやカップルが多い中、3人できちんと並び、楽しそうにお茶を選んでいました。
甘いものも好きそう。
とても、ほほえましかったです。

これからの時期、おいしいスイーツとお茶で過ごす時間が多くなりそうです。
[PR]
by sprout_green | 2012-10-23 00:09 | Comments(0)

ピアノ発表会


先週日曜日に行われたピアノ発表会の様子です。
七ヶ浜国際村で行われました。

本来、昨年の3月27日に行われる予定だった娘のピアノ教室の発表会は、
あの大震災で中止となり、この会場は長い間避難所として使われていました。
生徒さんの中には、家が流され、発表会に着るドレスもピアノもすべて失った方も
いたそうです。

あれから、一年半。
先生が、こんなコメントをプログラムに書いていました。
『家やものを失っても、一度身に着けた技術は無くならない。。。
そのことを強く感じました。苦しいときも、ピアノは一生の友となっていくことと思います。』


きっと、今の娘にはあまりピンとこないかもしれない。
でも、いつかわかるときが来ることを祈っている。


ピアノは、ほんとうに素直な心が音にでてしまう。
音を聴いていると、その日の気分がわかる。
娘のピアノ生活も4年目になり、毎日練習するのがおっくうになるときもしばしば。
親である私のほうが、ピアノの魔法にかかり、『ママが習えばいいのに。』と、
云われるけれど、楽譜も読めなかった私が、娘の練習に付き合っているうちに
少しだけ弾けるようになった。
忙しい生活だからこそ、親子で音楽に救われていると思う。



たぶん、もともとバロック音楽が好きだったこともあり、
ピアノやチェンバロの音色は時々聴きたくなる。
バッハの『人の望みの喜びよ』は、私の癒し。


ステージに上がり、小さい子も、お姉さんも、ほんとうに皆、心を込めて弾いていて、
柔らかい雰囲気が会場を包み、感動して、何度も泣きそうになった。
娘も、難易度の高い曲を選んでしまい、臨時記号いっぱいの楽譜を前に、
どうやったら、こんな曲を弾けるのだろう。。。と、思っていた日が懐かしい。
今では、『花のワルツ』を作ったチャイコフスキーが大好きになった。

親子での連弾。脇汗^^;たくさんかきながら、なんとか終了。
アリエッティソングは、低音部がチェンバロ風で不思議な音色で気に入っている。

大きくなるまで、続けてほしいとおもうし、機会があればまた、2人で連弾したいとおもう。
とっても緊張するし、練習もしなくちゃならないけれど、
大人になってからの、ドキドキ感は結構貴重で大切だと思うのです。

b0257387_23222212.jpg



b0257387_23423180.jpg


お疲れさまでした☆
[PR]
by sprout_green | 2012-10-22 23:22 | *おけいこ(娘) | Comments(0)

森のおひさまクラス

b0257387_1892757.jpg

b0257387_1892722.jpg

相変わらず携帯からの写真ですみません。

赤ちゃんをお世話する吉田さんとキバコのデザート。





今日は、森のおひさまクラスでした。風邪でキャンセルの母子も多かったのですが、にぎやかなクラスになりました。


今回,会場として使用させて頂いたのは、森のおひさま近くののコミュニティセンター。
朝から太極拳などのサークルが練習していて、とっても活気があってびっくり。
ここのホールが使えるといいなあ。かなり広し。
でも人気があり、予約が難しいそうです。



そんなわけで用意して頂いたのは8畳間が2つ続いた和室でしたが、
なかなか使いやすくて、ストレッチにも最適だなと思いました。


皆さん、しっかり動かれてました。
ボールの中心をとらえて弾むのって、最初は難しいのですが、
そこをつかんでしまうと、身体が楽に可動するので、本当に楽しくなります。
顔色が本当に良くなるんですよね。終わったあとは、皆さん、ワントーン明るくなってました。



来月は2回を予定しています。
11月1日(木)と11月14日(水)。料金も保険込みで800円。
アシスタントの吉田さんが、外回りを見てくれるので、ママもレッスンに集中出来ます。

バランスボール、赤ちゃんの寝かしつけにもなるので、おすすめです☆
もちろん、マタニティーの方には、たくさんのメリットがあり、
妊娠中毒症の予防、股関節を柔らかくしたりとお産に向けての身体作りに嬉しい報告が届いています。




終わったあとは、小野さんおすすめのkIBAKOへ。
ゆっくり丁寧に作られたパンと野菜を使ったスープ。
優しい味がひしひしと疲れた身体に染み込んで来ます。

は〜。空間から、非日常。
大切ですね。こういう時間。
吉田さんはママ友達で子ども達は同じ小学校に通ってます。
転勤直後から色々とお世話になっていて、この日も一人っ子談義に話を咲かせました。


うちは女の子。吉田さんのところは男の子。
そしてうちの娘はI君→(吉田さんの息子さん)が大好きで、結婚したいと言ってます。
どうやら、シルバニアファミリー遊びに嫌な顔せず付き合ってくれるから、らしい。


大好きなパパも、シルバニア遊びは断る。
そこだけが納得いかないらしいのだけど、I君が娘の心をわしづかみにしているのは、その部分。
ふふ〜、そのポイントは今だけだよ〜。と心の中で思いながらも、
こんな優しい人が旦那さんなら、いろいろ手伝ってくれて幸せかも。と妄想する母でした。


日々、なにかと心配事はつきないけれど、
毎日楽しく学校に行ってくれているからそれでいっか。


母もがんばります☆
[PR]
by sprout_green | 2012-10-17 18:09 | Comments(0)

掃除機





私の引っ越し&転勤人生に20年近く連れ添ってくれた相棒、
掃除機が、ついに壊れた。。。
看護学校入学のために、東京へ出て始めて買った家電製品。
もう、今ではみかけないほどの旧式タイプ、しかも紙パック。
だけど、とっても、いい仕事をしてくれて、吸引力はあるし
まだまだがんばってもらいたかった貴重な存在。


私は、物持ちがいいそうで、母に特別褒められることがなくても
これだけは、良く耳にする言葉。
『あなた、モノ持ちがいいわねぇ。まだ、それつかってるの?!』
それは、あなたに似たのではなく、あなたの母に似たのだよ。
と、心の中で思いながら、
『うん。気に入っているからね。』
と、いつものように軽くかわす。


同級性が、ある日、とっても年代モノの車に乗っていたとき、
『もう、買い替え時かな。。。』と、車中で思った瞬間、
クルマが動かなくなったそうだ。
モノにも、ちゃんと、意志がある。

これは、私とその友人共通の考えで、ちゃんと大事につかっていると
長持ちするし、そして、手放そうとでもすると、
駄々をこねるこどものように、なにか、面倒なことが起こる。
じゃあ、掃除機はだだをこねたのかい?という話になるが、
答えはノーで、まったく手を煩わすことなく、
ぱったりと動かなくなった。

だからこそ、私はさみしくてならないのだ。
なんて、潔い引き際。。。
紙パックを取り替えたあとで、素晴らしい吸引力を発揮し、
気持ちよく掃除が済んだ、その翌日、スイッチをいれても
まったく反応がなかった。


具合がわるいのよ、とか、調子がわるいのよ、とか、
音が変とか、そういう予兆を見せてほしかった。
駄々をこねてほしかった。
なんど、スイッチを入れても、コンセントの場所を変えても
もう、動かない掃除機を見ながら、なんていい子だったんだと
じーんとしてしまった。


私のいいときも、わるいときも、すべて知っている掃除機。
だんなさんより、娘より私の人生に寄り添ってくれた相棒。
しばらくは、新しい物を買えそうにないので、
コロコロ(→わかるかな^^;)と、ぞうきんがけでがんばります。
ありがとう、掃除機さん。
[PR]
by sprout_green | 2012-10-13 16:09 | Comments(0)



お待たせしました。

今まで、レッスンに通って下さったみなさまに嬉しいお知らせです。
このたび、日本看護協会からの助成金を無事頂けることになりました。

応募団体が予想以上に多く、審査に時間がかかっているとのことでしたが
内定の通知がきましたので、さっそく今月30日のレッスンから
1000円→800円にさせていただきます。
すべてのクラスが、AIUの保険付きです。


今年1月から、仙台で始めたバランスボールが、こうして助成金を受けて
活動できること、ほんとうにうれしくおもいます。
昨年の3.11がまさに、クラス再開のきっかけでした。
それまでは、転勤したばかりで、専業主婦業をしっかりやろうと思っていましたが
あの、震災を経験したあと、『何か、私にもできることがあるはず。』と、
思い切って動きはじめて、ほんとうに良かったと思います。

これからも、がんばりますので、よろしくお願いします。




*****


きのうも、赤ちゃん誕生の嬉しいお知らせが届きました。
『今月5日が予定日でしたが、まだ生まれないのでバランスボール参加します。』
という、連絡があったのですが、
なんと、クラス当日の昨日、朝方に無事産まれたそうです。

ほんとうに、おめでとうございます~☆
10月は9月に続き、出産ラッシュのようです。
[PR]
by sprout_green | 2012-10-12 17:30 | Comments(0)