<   2012年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

りゅう座流星群


b0257387_1420926.jpg

伊保石公園で。


今朝は涼しいを通りこして、寒いくらいの陽気になりました。
子どもの服も、ようやく秋ものへ衣替え。
まだジャンパーはいらないけれど、厚手の服で出かけて行きました。
先日の身体測定で、身長が132センチになったと喜んでましたが、
まだまだ前から5番目だそう。^^;

2人目が産まれるかもしれない。。。と、取っておいた服も
季節ごとにお友達のお宅へ送っています。
いつも喜んで着てもらえるので、私も嬉しいのです。
同じ病院で働き、同じ寮で過ごした戦友。
今は、すっかり2人ともお母さんになり、あの頃とは真逆の生活してるけれど、
いいことも、悪いことも、みんな知っている友達の存在は宝物です。




さてさて、
この気温差で体調を崩している方も多いのではないでしょうか。
私は、ちょっとおかしい、風邪かな?と思ったらすかさず首にタオルを巻き、
すりおろした生姜を紅茶に入飲みます。
あっというまにポカポカになり、初期の風邪はこれで治っちゃいます。

首という字がつく場所は、冷やしてならないんだとか。
なるほど~。




知っていましたか?
昨日は、りゅう座流星群が一番観れる日だったそうです。
私はうっかり見逃してしまいました。
ちょうど、20時。お月様も出るのが遅い時期で、良く見えたのではないかな。
こと座とベガと北極星の間にあたる西の空、45°くらいだそう。




長野の実家へ帰省すると、かならず流れ星が見られるのですが、
仙台ではまだ見たことがありません。
漆黒の夜空に、天の川がはっきりと見える、プラネタリウムのような空は
どこでも見られるわけじゃないと、上京してから知ったのでした。

一日ずれても観られるのかな~。



あっというまの3連休、お出かけ日和でしたね。
ノルディックウォーキングをされている年上のお友達から、
塩竈にある伊保石公園を教えてもらって、散策しながら遊んだり、
今週末に迫った娘のピアノ発表会のリハーサルなど、
近場でばたばたと過ごしていました。




10月は、ほんとう行事が多くて、あっというまに11月になってしまうので、
久しぶりにお友達に遊びにきてもらい、お茶&ランチをしました。
作ったのは、最近はまっている、スンドゥブ。(韓国チゲの元。)
お鍋に、ゴマ油、しめじ、ネギ、ニラなど冷蔵庫のある野菜を入れていためて、
あとは、このスープの元を入れるだけ。
ぐつぐつ煮えてきたら、お豆腐、最後に溶き卵。

これで完成です。
おいしかったです~。夕飯のひと品にも充分です。
これからの季節にぴったり、身体も温まります。
ちなみにエバラでした^^
[PR]
by sprout_green | 2012-10-09 14:20 | Comments(0)

b0257387_12402842.jpg

昨日午後4時26分
2462g 49cmの元気な男の子がうまれました〜。



****


10月5日は、バランスボールのお客様が、2人そろってのご出産という、
おめでたいニュースが飛び込んできました。

こちらの赤ちゃんは、予定での帝王切開で産まれた赤ちゃんですが、
20週くらいから、せっせとクラスに通ってくださり、予定日ぎりまで
ボールで弾んでいました。


こんな感想をいただきました。
(ご本人の許可を得ています。)


『運動していたおかげか、上の子の時は、3日くらい苦しい思い出しかなかったのが、
今回は、ビックリするほど落ち着いて過ごせています。
痛みはありますが、ちゃんと、いい酸素を吸えている気がします。』


最初のお産のときは、血圧も上がってしまったそうです。
今回は、妊娠後期になっても、血圧が上がらずに済んだそう。
ちゃんと、成果がでるというのは、嬉しいですね。

帝王切開なので、しばらくは、傷が痛いと思いますが、
しっかり運動していたので、傷の治りも早いと思います。
ちゃんと、いい酸素を吸えているというのは、
組織にも、酸素がいきわたっている証拠なので、術後の回復も
きっと早いと思います。


kさん、
Oさん、ほんとうにおめでとうございます☆

また、落ち着きましたら、赤ちゃんと一緒にいらしてくださいね。
[PR]
by sprout_green | 2012-10-07 12:40 | Comments(0)

b0257387_1237788.jpg


2798gの男の子です。
母子共に健康です。
助産院に入って2時間掛からずに生まれました。


******



連休最初の土曜日に、嬉しいお知らせが届きました。
バランスボールのお客様から、無事に出産されたとのメールと一緒に
産まれたてほやほやのお写真。

ともこ助産院へ入院されてから、2時間かからなかったそうです。
素晴らしいですね。

この方は、3人目の赤ちゃん誕生を心待ちにしながら、
暑い夏の間、クラスに通ってくださいました。
3人目とはいえ、それぞれにお産がことなるのが出産。
不安があるのも当然です。

まずは、お産に向けて、体力をつけるというのは、理にかなっているし、
体力がつくと、自信も生まれますから、結果的に良いお産につながるのだと思います。
がんばりましたね。
ほんとうに、おめでとうございます☆


とも子助産院のご飯はおいしいし、
スタッフさんのこまやかな気配りの中で、安心して産褥期を過ごせるのは
今後の長い育児生活にも良い影響を与えてくれるとおもいます。

どうぞ、ゆっくり休んでくださいね。
[PR]
by sprout_green | 2012-10-07 12:37 | Comments(0)

フレッツ開通



うちのパソコン環境が、ついに光に。
フレッツ光。ついでに電話も。

やっぱり、速いとおもう。格段に。。。
でも、いろいろ、わからないことだらけで、ADSLから光に乗り換えたことで、
所手続きが手間取り、おもうようにつながらず、夫とあわや喧嘩になりそうだった。

私、O型。
パパ、A型。
なんとなくこの組み合わせで、どんなやり取りが繰り広げられたか
おわかりになるとおもう。

光セールスのお姉さん、とっても感じがよく、しかもADSLよりも、
電話料込でも安く、今のプロバイダのまま光フレッツにできるという
言葉に、しっかりつかまった私。

だけど、肝心なADSLから光への変更などは、まずプロバイダへ電話し、
サクサクと自分でやらなくてはだめだったらしい。
ぼーっと、光工事のお兄さんの仕事ぶりをながめて、
お帰りを見送ったあと、
いざ、ネットにつなごうとしても、まったくつながらない。。。


そう、プロバイダの変更なくとも、ADSLから光へ変更したのだから、
新しい認証パスワードが必要だったのだ。
パスワードは、個人情報なので、口頭では教えてもらえなかった。


そして、やっと、きのう、そのパスワードが書かれた封筒が届き、
なんとか、無事につながった。

はー、やれやれ、
と思った矢先に、今度は、パソコン画面下の黒くて丸いものがぐるぐる回りはじめ、
ネットがフリーズしてしまった。


一年に一度、ディズニーランドに行きたい、という娘の言葉を思いだし、
ミラコスタのHPをみていたときだった。

他のサイトを開こうにも、まったく動かないので、しばらく眺めていたら、
ウィルスバスターが起動して、おさまる気配がまったくない。
セットアップのためのCDロムやら、いろんなものを載せてしまったので、
重くなったのも原因だとおもう。

やっと動き出したので、気を取り直して、予約できる日を検索するけど
まったくといって空部屋がなく、他のホテルを探してみても、
取れそうにないことがわかった。

10月に、11月の3連休の予約をしようということ自体、
無謀だということもわかった。
それなら、娘の誕生日の12月は。。。と、おもい、検索するけれど、
やっぱり、12月。クリスマスシーズン。なおさら無理そう。。。

昨年、ミラコスタの予約がとれたのは、単に運がよかっただけで、
みんな、もっと周到にそれこそ、販売開始のその瞬間に
電話なりPCに向かっていることが、口コミ情報でわかった。


そもそも、10月はこどもの習い事の発表会やら、学校の行事やらで
あたまのなかも、外もとてもあわただしい。
きのうも、ピアノの先生に娘との連弾を聴いてもらい、ほっとしたばかり。

なので、10月が終わったら、ゆっくりできるというサイクルができあがっている。


前の職場の同僚は、一年のスケジュールをしっかり、
綿密にたてることができ、その管理能力をもって、
若いのに、病棟クラークとして、大御所のドクターや
師長、ナースからも絶大な信用を得ていた。


だから、彼女は一年に一回、必ず海外旅行へ行き、仕事もばりばりこなしている。

机の中も、いつもきちんと整理されていた。
やっぱり、そこなんだとおもう。

ロッククライマーの可愛い女の子が、
その可愛さとはうらはらに、、しっかりとこう言い切った。

『部屋って、自分の頭の中を表すそうなんですよ。
だから、いつもきれいにしていますよ。
試合の前はとくに。』

できる人は、片づけもうまい。



前のめりで、行動力はあるけれど、詰めが甘い私。
そして、整理整頓がへたくそなのだ。



涼しくなったことだし、まずは要らないものを片づけよう。。。


予約はそれからかな。
[PR]
by sprout_green | 2012-10-05 07:27 | Comments(0)

b0257387_22125977.jpg

ともこ助産院のお庭のお花。





10月に入り、あの暑かった長い夏は、なんだったの??
というくらい、涼しい日が続いています。
この気温差で、体調を崩されている方も多いのではないでしょうか。


急に寒くなったので、何を着ようかとクローゼットを探すこの数日。
ないのです。着るものが。
いや、ない、のではなくて、去年の今頃って何を着ていたっけ?
から、始まるこの季節の衣料事情。

昔から、ジャージが大好きで、ジャージばっかり来ていた学生時代。
そして、ナース時代は、白衣というユニフォームおかげで、
私服にあんまり執着しなくなってしまった20代。

アラフォー世代と呼ばれる年になっても、何を着たらいいのかよくわからないまま、
相変わらず、手持ちの服が少ないのです。

たまに、実家に帰ると、母に『まだ、その服着てるの?』
と、言われることしばしば。。。
あまりに、ヘビロテで、母からブラウスをプレゼントされたりするのだけど、
(母のように、長身で洗濯板のような体型なら何でも似合うけれど)
私は、厚みがあるので、なんでもいいというわけにはいかない。
ヘタなブラウスをきると、あら?おめでたですか^^という感じになってしまうのだ。


そして、欲しい服になかなか出会えなくて、買い物へ行っても、
結局こどもの服を買って満足してしまう。

ほんとに、ジャージは便利。
10年近く着倒しても、まだ、その着心地のよさに、
同じものがないかと探すのだけど、なかなか見つからない。
パイル地でできたフィラの、白のジャージはもう、肘の部分が
擦り切れているのだけど、捨てられずに実家に置いてあって、
帰省するたびに着ている。


そんな私の影響か、5歳年下の弟も、ジャージコレクターになっていた。


サッカーの内田篤人(シャルケ)選手も、家ではジャージばっかり着ているそうで、
あんまり大きい声では、言えないけれど、かなりタイプなのでちょっと嬉しい。
ずっと、ドイツでプレーしていて、いいときも、悪いときも
しょっちゅう行き来していた、吉田麻也選手が、サウザンプトン(UK)へ移籍してしまった。

出不精でめんどくさがりやの内田選手をつれて買い物に行くこともしばしばで、
麻也チョイスばればれの服を着て、よくテレビにでていたっけ。


そんなことはないと、言っているけれど、
イギリスへ渡った直後に吉田選手は入籍してしまった。
そして、内田選手は、その時期、扁桃炎で試合に出られないということがあったので、
やっぱり、仲の良かった友達と離れてしまって、さみしかったのかなとおもった。

内田選手は、けがしたあと、長い間試合に出れなくて、
泣きながらグランドを走ったあと、80キロ離れた吉田選手のうちに高速で行き、
ご飯を食べていたそう。


世界でプレーする一流の選手も、考えたら20代前半で、
おおきなプレッシャーと戦いながらの日々。
支えが必要なんだとおもう。
早く結婚してすでに、こどものいる選手がたくさんいるのも理解できる。

うっちー、結婚願望なさそうだけど、お父さんが体育教師で
サッカー選手じゃなかったら、学校の先生になりたかったらしい。
そして、子どもが大好きなのだ。

サッカーを知らない女の子が理想らしいので、
それは、かなり難しいと思うけれど、できれば早く結婚して
パパになって欲しいと、老婆心ながらにおもうのです。




***


クラスの帰りに、ともこ助産院へ寄って
おいしいご飯を頂いて帰ってくるというのが、私の日課なのですが、
(いつもありがとうございます。)

火曜日は、クラスに通って下さった方が無事、ご出産されたようで、
おめでた続きの助産院です。
スタッフさんも、忙しいのにいつも笑顔で癒されます。

10月分娩予定の方も、もう少しですね。
予定日ぎりぎりでも、できますので、よかったら弾みにきてください☆
[PR]
by sprout_green | 2012-10-04 22:13 | Comments(0)