「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


親から、子へ。
その遺伝子を受け継いでいくことによって、
一族にとってもっとも優れた部分が、次世代に受け継がれるとしたら。。。

そう考えると、もはやわが娘であり、一人しか授からなかった彼女は
完全に、顔かたちから性格まで、すべて父親の要素が満載で、
もう、笑うしかないという場面が日常にあふれている。

忘れ物が多かった私と違って、念入りにチェックし、予定よりも
すご~く早く家をでないと気が済まない。
なので、どこかに出かけるときは、私が追い立てられる、妙な現象が起きている。
いや、これは、11歳の女の子のいる家庭では、当たり前なのか。。。


娘は、地味な作業をコツコツと積み上げていくタイプで、
バレエ教室の先生も、その部分を評価して下さっている。
人見知りで、人前でアピールできるタイプではないので、
総合芸術であるバレエの世界でやっていけるかは、
相当な努力tと覚悟が必要だとおもう。

でも、
もしかしたら、彼女なりの方法で、道を切り開いていくのではないか。と
23日に行われた発表会での踊りを見て思った。

会場には、学校の先生までが観に来て来て下さり、翌日、そのことを知った
隣のクラスで数学を教わっているY先生からも、
『バレエやっているんだね、発表会、僕も観に行きたかったな。。。』と
声をかけてもらったそう。

『とても丁寧に踊っていて、観ていて涙が出てきた。。。』
そう、云って友人は、お世辞でなくほんとうに努力してる彼女を評価してくれ
親としてこんなに嬉しいことはない、と思うと同時に、
『では、自分は?』と、ふつふつと自問している。

1人で踊ったバリエーションは
タリスマン。

タりスマンとは、お守りのこと。美しいお守りを胸につけ
キラキラ踊る姿を、人間界の青年にみられ、恋に落ちる。。。
悲劇が多いバレエ作品の中でも、珍しいハッピーエンドな作品。
彼女の幸運が、これからも続いていくかのような透明感のあるバリエーションだった。

さて、
私は、これからどの方向へ向かって進めばよいのだろうか。
仙台で受けた震災という衝撃に、突き動かされるように邁進した3年間。

何かに夢中になる時期は過ぎたけれど、丁寧に取り組むということは
一生の課題であり、これからもきっとどの場面でも、そうありたいとおもう
憧れであり、理想。
その理想を見つけるまで、きっと旅は続いていくんだろうな。。。


ANN'S espoir ecole de Ballet

この教室に来てから始めて迎える発表会は、
教室創立10周年ということもあって、先生自らも、舞台に立った。
第3幕 『ドンキポーテ』 

愛希先生は、主役のキトリを踊った。
2002年まで、新国立バレエ団にいたこともあって、先生が舞台に立つと
ふわっ。と華やかな雰囲気になる。
指先の動き、ひとつひとつが芸術そのもの。。。

クラスで教えている姿も、凛として素敵だけど、やっぱり踊っている先生は
ほんとうにいきいきとしていた。
この、教室に出逢えて、一緒に舞台に立てる娘はほんとうに幸せだとおもう。
Kカンパニーのドンキホーテを参考しにしていることもあって、
子どもたちの踊りも難しかったけれど、みんな、良くがんばって覚えたな~。
特に小さい子たちは大変だったとおもう。


ひとつの区切りであった発表会が終わり、10月からは、プチ・フィーユの子たちが
グラン・フィーユへ上がってくる。
また、次の目標の向かってレッスンが始まる。

教室への送り迎えなど、ママがマネージャーになる時間は
永遠に続くものではないから、この時間を楽しもう。

どうか、身体だけは壊さないように。









http://www.anns-espoir.net/school.html

http://www.k-ballet.co.jp/company
[PR]
by sprout_green | 2014-09-30 10:15 | *おけいこ(娘) | Comments(0)

初秋の長野

b0257387_984472.jpg

蓼科 ハーバルノートの前で。秋らしい色ですね~。

b0257387_984412.jpg

サービスのハーブティーが、ポットでおいてあります。

b0257387_98445.jpg

ハーバルノート。ちいさなお店の中に懐かしい香りがたくさん詰まっています。

b0257387_984481.jpg

横ですみません。どうやっても縦にできず断念。
八ヶ岳です。

b0257387_98454.jpg

本家の田んぼ。
ひいおじいちゃんの産まれたおうちが管理している田んぼです。
お米は、いつもこの田んぼでとれたものを頂いています。




こんにちは~☆

とっても気持ちの良い、初秋の週末。

お彼岸も終わってしまいましたが、

子どものバレエ発表会も終わり、レッスンも1週間おやすみになったので、

お墓参りを兼ねて、長野へ帰省していました。


そこで、飛び込んだ御嶽山の噴火ニュース。

金曜の夜中に到着して、ちょうどこどもとすわっこランドから戻り、

ちょっと遠回りして、蓼科のハーバルノートで、お茶を買って帰ったあとでした。

テレビの映像に、言葉を失いました。


御嶽山は、長野と岐阜の県境にある2000m級の山です。

スキー場もあって、諏訪からでも、そう遠くないので、

弟たちは良く行っていた山でした。

私の実家は、諏訪、といっても、山梨県との県境で、八ヶ岳のふもとにあたる

緩やかで、過ごしやすかったことから、縄文文化が花開いた素晴らしい場所です。

今回、そんな風に地元の人たちに愛されてきたであろう御嶽山の噴火。

先月の広島の豪雨災害といい、自然の驚異を感ぜずにはいられません。


事故にあっても、無事に下山できた方が、インタビューに答えていましたが、

生死を分けたのは、『呼吸(酸素)の確保』だったと思います。

下山途中、真後ろで噴火したので、すぐに下山したけど

すぐに煙に巻かれて、あたりが暗くなったと。

『口をふさげ!』

と、誰かが叫んで、自分は服の襟を口に当てて、しゃがみこんでいた。と。

そのような行動の1つが、実は災害現場では、救命率がとても高くなる

命を救う行為だと思いました。

あとは、マスクの代わりに、バンダナや軍手で口を覆っていた方もいました。

噴火した煙は、有毒ガス、ガラス質のものや、石灰が混じっているので

これを身体に入れないことが一番、入れてしまったら呼吸確保が難しくなります。

熱い熱風で、気道のやけども大きなダメージにつながります。



紅葉の美しい時期の不幸な出来事ですが、教訓として生かさないと

同じことの繰り返しになってしまいます。

自然災害から、身を守る方法は、これから生きていくための必要な教育になる気がします。

『わずかな知識で身を守れる』、と、解説者の方おっしゃっていました。


話がそれます。。。

バランスボールの養成も、佳境に向かっていますが、

蘇生法は、きちんと受けてもらうよう、手配しようと思いました。

子どもたちの未来のためにも、母が知識をもって、いざというときに

子どもを抱えて走れる体力と(バランスボールは持久力つきますよ~。)

命を守れるノウハウがあったら、鬼に金棒だとおもいます。


***


久しぶりに訪れたハーバルノート。

写真、うまく撮れてなくてごめんなさい。

開拓農家の古民家を改築したという、ちいさなちいさなお店ですが

土曜日ということもあって、ひっきりなしにお客様が来てました。

娘のお友達も一緒だったので、2人は、お店で飼っている猫を、さわりたくて

さわりたくて。。。でも、逃げられてました^^

サービスのハーブティーで、癒されました~。

目的だったお茶は、娘が大好きな『ストロベリーファンタジー』

パッケージで売っているものは25g


この量だとあっという間に飲んでしまうので、

多めに売ってもらうことに。

500gだと、かなりお安くなるということで、迷いましたが、

なんと500gをお買い上げ。

時々しか来れないので、大人買いしちゃいました☆


東京へ戻る日曜日の夕方、17時に小淵沢インターから高速に乗った私たち。

パパは、土曜は出勤だったので、もちろん運転は私1人。

そう、嫌な予感的中。

観光シーズン真っ盛りの秋は、ふつうの週末でも25キロ渋滞になる中央道。。。

まさに、ビンゴ。大月~八王子まで25キロ渋滞の表示が。。。

でも、子どもたちは、アナと雪の女王の歌を歌ったり、しりとりしながらしのいでくれました。

夕飯は、帰宅してから、と思っていましたがもう無理なので

激混みの談合坂で、おにぎりを買って車中で食べました。

自宅に着いたのは、21時半。。。おつかれさま。こどもたちよ。

よくがんばりました~。

短い間でしたが、近所に住むバスケ部の先輩も、時間みつけて寄ってくれて

お仕事のお話いろいろ聞けて充実&充電。

先輩のだんなさんは、今も仙台勤務なので、4月までは時々、アドゥマンでお茶していたんですよ。

作戦会議ですね。ピラティス&エアロビのインストラクターをしていて、

勉強熱心なので、とても刺激になります。

次の帰省が、待ち遠しいです。私もがんばります☆
[PR]
by sprout_green | 2014-09-29 09:08 | *旅行 | Comments(0)

産後に必要なもの


b0257387_0543193.jpg


七北田公園。やっぱり、ここはいい気が流れていますね~。

b0257387_0543129.jpg

ひさびさのアドゥマンランチBOX。



こんばんは~☆

週末が終わってしまいましたね。

みなさんは、どんな週末を過ごされましたか?


私は、仙台から戻ったその足で、娘のバレエスタジオへ行き、

衣装合わせ&証明合わせの立会でした。

バレエは、総合芸術。

衣装の華やかさや音楽の美しさ。

そして、鍛え上げられた筋肉の使い方、一つ一つの要素が

素晴らしいハーモニーを繰り広げる夢の世界です。

その、美しさとは正反対にある毎日の積み重ねや

心構えに、私も勇気をもらっています。

先生は、自分にとても厳しくて、その、一生懸命さをみてるだけで

いつも胸が熱くなります。


『痛くてつらいことの方が多いバレエだけど、

その、苦労をステージで見せてはいけない。』

生徒さんたちに、いつも語りかけてる。

きっと、ご自身がそうやってステージに立ってきたんでしょうね。



今回、このような養成講座を立ち上げて

指導者を養成することになるとは、夢にも思っていなかったし、

ほんとうに、私でいいのだろうが。。。という想いがよぎることもあって

急な転勤で、大きく動きがあった春先は、足が地についてない感じだったけど、

教室で、先生の言葉や、みんなの踊りを見て、

肝が据わったのです。

美しいバレエの世界は、どこか武士道とつながるところがあると感じる。

美しさとは、強さだと思う。


そのようなにじみ出る美しさは、どこかすべての母親に通じるとおもうし

母親業こそ、芯の座った精神とカラダが求められるんだとおもう。

その、孤独さも、厳しさも楽しさも、つらさも、産んでみないとわからない。

最初は不安で孤独で、嬉しいはずなのに切ないなんて。。。



だから、そういうときに、弾みに来てほしいです。

これから、仙台にバランスボールの先生が増えます。

いろんな場所で、クラス開催が予定されています。

まずは、

******************************************
9月15日 (月)  じょさんしフェスタ  

     こちらに、バランスボール出展しますので、
     赤ちゃん連れてお越しくださいね♪
ミニクラスに参加してください。
     中本は、バレエ発表会のリハーサルで行けませんが
     素敵な仲間が当日はお待ちしています^^

     詳しくはこちらをごらんくださいね☆
[PR]
by sprout_green | 2014-09-08 00:54 | *バランスボール | Comments(0)

人生の棚卸し

b0257387_941241.jpg



おはようございます。

本当にお久しぶりのご無沙汰でした。


今、新幹線の中です。

今日はこれから仙台出張クラスですヾ(o´∀`o)ノ


冒頭いきなり固いテーマですが、

今、養成講座を終えてこれから新しいスタートラインに立っている、養成の仲間に伝えたいこと。

出産がまずは一番大きな棚卸しですが、

何か、今までと違ったことにトライする…

これもやはり大きな棚卸しになるようです。


今まで、


蓋をしておいた感情や、見ぬ振りしてきたことなどが、一気に流れだします。

気の流れも変わるので、問題が起きたりしますが、

まずは心穏やかに見守りましょう。

そのうちに、


おお。


そうきたか。

くらいの気持ちでいられるようになります。

この部分、今日少しお話出来ればと思います。


もうすぐ仙台です。


ひさしぶりに皆さんとお会い出来るのを楽しみにしていますね〜。

写真のサンドイッチ、

新幹線構内にある、

STANDBY TOKYO コーヒー付きで500円。


いつも、場所がわからなくなって、買える時と買えない時が歩くのですが、
南口改札の前でした。


おいしいものは、人をしあわせにしますね〜。

今日も良い1日でありますように。
[PR]
by sprout_green | 2014-09-05 09:04 | Comments(0)